仮想通貨

3分でわかる仮想通貨(暗号資産)の説明|仮想通貨とはから始めるべきかまで!

3分でわかる仮想通貨

 

 

今回は仮想通貨(暗号資産)ってなに?って人に3分くらいで読めるような説明をしていきます。

この記事を読んで頂ければ下記のあたりを理解することができますので、ぜひ読んで頂ければ幸いです!

 

 

この記事で解決できるお悩み

仮想通貨とは?

なんで盛り上がっているの?

購入するべき?

 

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨(暗号資産)は実体がないけどデータとして存在しているという物です。まあ、難しく考えずにざっくりpaypay(電子マネー)とかと一緒みたいな物だと思ってもらえれば大丈夫です!

 

重要なところは、日本円などと違い政府が認めていないので、法定通貨ではないという事です。まあ下記みたいに思って下さい。

 

  • 日本円
    ⇒どこでも使えるので何でも買える
  • 仮想通貨(暗号資産)
    ⇒どこでも使える訳ではないので何でも買える訳じゃない

 

日本円は日本であればどこでも使えるけど、paypay(電子マネー)はどこでも使える訳じゃないですよね!(使えるところは多いけど)

 

電子マネーと仮想通貨(暗号資産)の違い

似たようなものと言っているけど、paypayと仮想通貨(暗号資産)ってなにが違うのと思いましたよね?そこを説明しますがその前にこの言葉だけ理解して下さい。

 

ポイント

中央集権
⇒日本銀行などの国が認めている機関が管理している

 

  • paypay(電子マネー)
    ⇒中央集権型で企業や機関が管理している

 

  • 仮想通貨(暗号資産)
    ⇒中央集権ではない(みんなで管理)

 

 

これが一番の違いで同じデータみたいな物なだけど、国のお墨付きが管理しているか管理していないかというところが一番の違いです。

 

投資商品としての側面

仮想通貨(暗号資産)と電子マネーの違いは、中央集権か、中央集権じゃないか、と言いましたよね。

 

paypayなどの電子マネーは中央集権なので価格が日本円とほぼ一緒で1ポイント=1円みたいなもので価格の変動はほぼありません!

 

仮想通貨(暗号資産)は中央集権じゃないので、価格は世界中の人がみんなで決めるみたいなイメージです。欲しいという人が多ければ価格が上がるし、欲しいという人が少なければ価格は下がります。

 

つまり仮想通貨(暗号資産)は投資対象としての側面もあるので、欲しいという人が多くなり価格が爆発的に上がりました。

 

 

なんでこんなに盛り上がっているの?

なんでこんなに仮想通貨(暗号資産)って話題になっているの?と思われるのでそこも説明して行きます。

 

  • 世界中どこでも使える事のできる通貨としての可能性がある
  • ある技術でお金の記録と管理が出来ているので銀行などのインフラが不要
  • 今後インターネットの未来で絶対に使われていくであろう機能を有している
  • 欲しいという人が多くなり爆発的に価格があがった
  • 価格があがり、個人でも億の収益が出た人が多く出た

 

こんな感じで、今後の私たちの生活においても、『利便性が高くこれは利用されるよ!』という未来がなんとなく見えているので、購入しておきたいという人が増え盛り上がっていると思って下さい!

 

仮想通貨(暗号資産)を購入するべきか?

じゃあ、仮想通貨(暗号資産)を始めるべきか?購入した方がいいの?という疑問に回答して行きましょう!

 

回答は、『それは自己判断するべき』ということ、『仮想通貨(暗号資産)が今後広く広まっていくな!』と思えば購入だし、『いやー、結局無くなるんじゃない?』というなら購入しない方がいいです。

 

私は、仮想通貨(暗号資産)は今後世界中でニーズが高まると思っているので、余裕資金で少しづつ購入をしています!

 

もっとわかりやすい理由でいうと、paypay(電子マネー)って便利ですよね!世界中で使える電子マネーみたいなのができたら便利だと思いませんか?私はめちゃくちゃ便利だと思うし、絶対にみんな使うと思っているので!

 

注意すべき点

最後に注意点だけ購入した価格より価値が落ちてしまう可能性があるという事です。損する可能性があるという事を必ず認識して下さい!

 

投資は自己判断、自己責任でお願いします!

-仮想通貨

© 2022 サラリーマン投資家のKOUブログ