仮想通貨

初心者にも大事【販売所】と【取引所】の違い|仮想通貨購入時の選択について

  1. HOME >
  2. 仮想通貨 >

初心者にも大事【販売所】と【取引所】の違い|仮想通貨購入時の選択について

ビットコインイメージ画像

仮想通貨購入時の【販売所】と【取引所】の選択

ビットフライヤーで実際に仮想通貨を購入する際に、下記のどれで購入を行うのか選択をしなければならないと思います。

  • 販売所
  • 取引所
  • bitFlyer Lightning

初心者の人はどこで購入すればいいの?と必ず思う筈です。なのでどのような違いがあるのかを簡単に説明していければと思っています。

  • 販売所
    これは取引の相手はがビットフライヤー(bitFlyer) となり、ビットフライヤーの提示する価格で売買する所になります。
  • 取引所
    取引所は、取引の相手が自分以外の他の売買希望者となり、価格はビットフライヤーのお客同士による需給によって決定した価格で売買する所になります。
  • bitFlyer Lightning
    bitFlyer Lightning(プロ向け取引所)は、基本的には取引所と変わらないのですが、様々な機能が使えたり、より高度な注文方法を選択したりすることが可能な所になります。

このようにかなり大きな違いがあり、株式取引やFXなどと違いますので、そちらに慣れている人でも、ん?これなに?…といった風になるかもしれませんが、そんなに難しく考えないで下さい!重要なのは、取引相手と注文方法(指値注文などの高度な注文を使いたいか)で使い分けるだけです。

ただ重要なことがさらにあって、これは絶対に認識してください。

  • 販売所で買う方がスプレッド(手数料)が大きい、取引所(bitFlyer Lightningふくむ)の方がスプレッド(手数料)が小さい

販売所

こちらの下記の画像を見てみてください。向かって左側はビットコインを購入しよう落としてビットコインをタップした後の画面です。そこには、6,362,097円と記載があります。次に向かって右側の画像を見て下さい。こちらは注文を入れる1歩手前の金額を入力する画面になります、そこには6,549,348円という金額が記載されています。

つまり、

現在価格は6,362,097円という金額だけど、実際にあなたが購入する価格は6,549,348円なりますよというのが、スプレッド(手数料)という事です。今回の画像の場合だと1BTCを購入した場合、下記の計算になります。

6,362,097-6,549,348=-187,251

つまり買った瞬間に187,251円のマイナスになりますという事です。かなり大きいですよね!

  • ビットコインをタップ後の画面

ビットフライヤー販売所スプレッドイメージ画像01

  • 金額を入力し注文を入れる前の画面

ビットフライヤー販売所スプレッドイメージ画像02

取引所

こちらの下記の画像を見てみてください。向かって左側はビットコインの現在価格です。6,362,097円が現在の価格です。次に向かって右側の画像を見て下さい。こちらは取引所のビットコインの価格画面になります、そこには6,365,000円という金額が記載されています。

つまり、

現在価格は6,362,097円、取引所であればあなたが購入する価格は6,365,000円なります。先程の販売所よりもかなり安く購入できますよね!今回の画像の場合だと1BTCを購入した場合、下記の計算になります。

6,362,097-6,365,000=-2,903

つまり買った瞬間に-2,903円のマイナスになりますという事です。先程と比べるとかなりの金額差ですよね!

手数料だけ考えたら取引所での購入を行った方がいいですよね。ただ取引所は、ビットフライヤーとの取引ではなくあくまで個人間での取引になります。

  • ビットコインの現在金額

ビットフライヤー販売所スプレッドイメージ画像01

  • 取引所の取引価格

ビットフライヤー取引所スプレッドイメージ画像01

bitFlyer Lightning

まず、大前提として初心者の人は『bitFlyer Lightning』を使う必要はないです!もっと慣れてきてから検討するで何も問題ないですので、初心者の人はスルーでも大丈夫です。『bitFlyer Lightning』は簡単にいうと上級者向けです!

『bitFlyer Lightning』とは、ビットフライヤー(bitFlyer)が提供している取引ツールです。 ビットコインの現物取引やレバレッジを効かせたFX取引、そして先物取引などが行えます。中級から上級者向けの取引ツールになります。

下記のように販売所や取引所とは全く違ったUIになっており高度な取引が実行できるようになっています。下記の画像はスマホ画面ですが、『bitFlyer Lightning』を使う場合はPCで利用することをオススメします。『bitFlyer Lightning』のメリットとしてはやはりレバレッジを効かせた取引ができる点などになってくるかと思います。

取引所と一緒で手数料も安いのですが、初心者の方はやはり初めに手を出す類の物ではないかなと思います。

bitFlyer Lightning画面

bitFlyer Lightning画面イメージ

どこで購入すればいいのか|販売所?取引所?

はい、結論ですがどこでもいいですw

ただ、トレードスタイルで決めることを心がけましょう!トレードスタイルというのは下記の3つの分類です

  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期トレード

短期的なキャピタルゲインを目的とするデイトレードや少し短めのスイングトレードであれば、取引所1択になります。短期的な少ない利益を取って行くスタイルになるので、もちろん手数料は少ない方がいいに決まっています。短期的に利益を取ると考えている方は取引所で購入して下さい。

長期的な投資や長めのスイングトレードの方であれば、販売所で問題ありません。私は仮想通貨のようなボラリティリティが高く、今後どうなるか不透明な物に投資する場合は、投資した金額がゼロになってもいいと考えて、放置位の気持ちでやっている長期トレードなので、スプレッド(手数料)の部分はさほど気にしません。

ですので、ご自身のトレード方針に合った方で行うで問題ありません!

それでも、トレードスタイルとか良くわからないといったような初心者の方であれば、販売所でいいと思います。まずは取引をすることによって知識も増えていきますので、迷っている時間がもったいないです。

-仮想通貨

© 2021 俺と投資と副業