ネット副業

【簡単】なぜブログがオワコンと言われるか理由について解説?【IT企業勤めの管理者が解説】

ブログはオワコンなのか?

 

 

この記事に来てくれた人は多分、これからブログを始めようとしている初心者でこんな疑問をもっているかもしれませんよね!

 

・最近では「ブログはオワコン」と言われてるけど大丈夫?

・なんで「ブログはオワコン」って言われているの?その理由は?

・オワコンが本当ならもうブログは儲からないの?

 

この記事を読んで頂ければブログがオワコンなのかオワコンじゃないのかを理解することができますので、ぜひ読んで頂ければ幸いです!

 

 

 

この記事で解決できるお悩み

ブログがオワコンなのか

ブログがオワコンと言われる理由

ブログがオワコンでない理由

 

 

ブログがオワコンと騒がれている理由は?

ではなぜこのような騒ぎになっているかを解説して行きますね!

 

Googleのアルゴリズムが変更になった為

皆さんご存じかと思いますが、Googleでは定期的に検索などのアルゴリズムが変更されてよりユーザーにメリットがある情報が表示されるように変更が繰り返されています。

 

このような変更は年に数回ほど行われるアルゴリズムのアップデートというもので、アップデート完了後には検索順位が大きく変動します。(もちろんしないものもある)

 

折角検索の上位に表示されていたのに、まったく見られないような下位に表示されるようになってしまったなどのことが起きます。

 

確かに比較的大手のサイトが有利に表示されるなどの変更が一部のジャンルでは起きているとは聞いています。

 

 

Google ChromeでのサードパーティーCookie廃止

最近ではこれがもっとも騒がれているのかと思います。初心者の人からしたらサードパーティーCookieってなんだよって感じですよ、確かに少し技術よりの話なのでかみ砕いて言いますね。

 

CookieというのはWebサーバ側からクライアントのブラウザへ渡す小さなデータ片のことです。なんのこっちゃという感じですよね!まあこれがあるからアフィリエイト広告の計測ができていたと思って下さい。つまり大手ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)がこのサードパーティーCookie廃止で計測が出来なくなり終わってしまうという噂です。

 

確かに当初、この決定はアフィリエイトプロバイダーからすると致命傷な決定でした。しかし事業の根幹にあたる部分なので、やはりしっかり対策出来ているようです。

 

「ユーザー保護の強化に賛同し、3rd Party Cookieのみを利用したトラッキングをおこなうプログラムについては段階的に廃止し、2021年3月末に終了する予定です」

バリューコマースが21年3月下旬に、広告主およびアフィリエイト広告の掲載先であるメディア運営者に一斉に送信したメールに記載された一文。

 

このような発表がでたので、対応が問題なくできるということでしょう。ただ大手以外ではどうなるか不明の為、アフィリエイトプロバイダーの淘汰はあるかもしれないです。

 

ですがアフィリエイトが終わるやこれに関連してブログがオワコンなどというのはあり得ないです。IT企業にいる私はブログ領域では問題ないと確信しているくらいです。

 

 

昔と違いSEOは簡単ではない

ユーザー(検索者)にとって役に立つ有益なコンテンツを作成しなければいけない

 

このようにGoogleは検索アリゴリズムを進化させ続け、ユーザーメリットがあると思われるサイトを上位表示するようになってきていると言われています。

 

ひと昔まえは、検索上位を狙うことは比較的簡単な方法が存在していました。非常に有効だった対策が、外部のサイトに自身のブログサイトのURLを貼ってもらうという、俗に言う被リンク対策です。

 

その為、大量の被リンクを販売する業者が存在しており、Googleに悪い判定を受けないような張り方までしてくれていました。その為、被リンクを購入すしSEO対策するブロガーが多く存在しました。

 

結果として、被リンクを多く購入し対策をしたブログサイトの記事は検索上位を獲得できるので、お金を出して被リンクを買えば上位を取るのも比較的簡単だった。

 

現在のSEOはそう単純ではなく、マーケティング的な知識をしっかりと持ち、有益な情報サイトを作成し続けなければならないといことなんので、これもブログはもう難しい終わったオワコンだと言われている要因です。

 

 

マーケティング・Webライティング知識が必要

先程のSEO対策が難しいというところにも紐づくのですが、検索上位に表示されるようなブログは、マーケティング知識を駆使した構成の物や、記事に関しても非常に理解しやすく書かれている。

 

ブロガーにおいてもこのスキルが足りず、いくら書いてもPVが増えないなどの負のループに入ってしまう人も多いようだ。

 

確かに検索対策にも、ユーザーに読んでもらう為にも必須の知識になって来ている。しかしこれらは記事を書いていくことによって向上する部分でもあるので、継続して記事を書きづづけられなかった人達などやマーケティングが苦手な人などがブログは難しいオワコンと言っているケースがある。

 

 

もうブログはオワコンで儲けられる副業とは言えないのか?

私は正直全くそうは思えません。私がもうブログはオワコンと言われているのにブログを始めた選択した理由を記載しますね。ちなみに、私はネット広告やメディアなどの領域経験者です!

 

ネット広告はまだまだ伸び続ける

電通から出ている2020年日本の広告費で見る限りコロナで2020年は落ち込んではいますが、2022現在はネット広告は回復しており、さらに伸びると予想されています。

 

まだまだネットでの販売などは盛んに伸びていき、広告費も伸びていくと見られています。

 

 

アフィリエイト広告は広告主から見ると最強の広告

ネット広告の中でも、アフィリエイト広告は広告主からすると最強の広告です。これだけで求める売り上げがでるのであれば、アフィリエイト広告だけやる筈です。

 

アフィリエイト広告は成果報酬型なので、広告主は売り上げのたった物だけ支払いをすればいいという非常に広告主側にとって魅力的な広告の為、広告主がやめることのない広告と言われています。ですのでアフィリエイト広告はこれからも必ず伸びると予想しています。

 

Googleの検索アルゴリズム

Googleの検索アルゴリズムのせいでオワコンという表現をする人もいるかと思いますが、正直私は逆の考えを持っていて

 

・ユーザーにとって有益であれば規模は問われず公平であり個人でも勝負できる

・お金を払えば上位に出るというわけでもない

 

などなど、非常に公平な勝負が出来るという事です。確かにビックなキーワードは大手企業の様に大規模サイトが上位に来るので戦うのは難しいですが、個人でも戦えることは事実だからです。

 

 

まとめ

まとめですが、結局オワコンとか騒がれているけど、ネット広告の市場は伸び続けるし、アフィリエイトも引き続き広告主にとっては最強の広告であることは変わらない。

 

ブログも検索アルゴリズムは変わるけど、よりユーザーに有益な情報を書けば勝つチャンスはあるので、結局のところ記事を書き続けるしかないということ書き続ければ、スキルが上がり稼げるようなる。

 

結局、答えはオワコンじゃないし、難しくもなっていないブログを書き続けるということが成功への道なだけです!

-ネット副業

© 2022 サラリーマン投資家のKOUブログ