仮想通貨

【簡単】仮想通貨とは?を説明!これを読めば初心者でも仮想通貨とその未来まで理解できます。

仮想通貨(暗号資産)とは

 

 

この記事に来てくれた人は多分、仮想通貨(暗号資産)初心者でこんな疑問をもっているかもしれませんよね!

 

・「仮想通貨って何なの?」

・「まったくわからないし簡単に教えて欲しい?」

・「仮想通貨って儲かるらしいけど本当なの?」

・「仮想通貨って持っておいた方がいいの?」

・「仮想通貨でお金持ちになるにはどうすればいいの?」

 

この記事では初心者でも仮想通貨とは?から仮想通貨になぜ価値がるのか?そして仮想通貨の未来までを理解することができますので、ぜひ読んで頂ければ幸いです!

 

 

この記事で解決できるお悩み

仮想通貨とは

代表的な仮想通貨の種類

仮想通貨なんで価値があるのか

仮想通貨のリスク

仮想通貨で儲けるには

 

※現在では暗号資産の方が正しい言い方なのかもしれないが仮想通貨という方が認識しやすいと思うので、仮想通貨で話していきたいと思います。

仮想通貨(暗号資産)とはを簡単に

まずは仮想通貨(暗号資産)とは?というところからお話ししますね。

 

ポイント

仮想通貨(暗号資産)とは実体はないけど、現実世界でも使うことの出来る【データ】の一種と思って下さい

 

まあこんな感じで思って頂ければ問題ないです。通常は日本であれば紙幣(1万円札や1千円札)コイン(500円や100円)とった形で実物があると思いますが、仮想通貨は実体自体はなく【データ】として存在しています。

 

完全にデータ化された通貨なので実物はないけど、データ上で管理されていて価値のあるものと捉えれば問題ないです。通貨と呼ばれるのでお金みたいに認識してしまいますが、価値のあるデータと思って下さい!またデータである以上、インターネットと相性が良くデジタル通貨(digital currency)とも呼ばれることもあります。

 

 

仮想通貨の分類と代表的な仮想通貨

 

コイン分類

 

コインは主に2つの分類にわかれます。それは下記の2つです。(そういう分類・呼び名があるんだという位で大丈夫です)

 

  • ビットコイン
  • アルトコイン

 

  • 一つ目は仮想通貨(暗号資産)の王道とも言えるビットコインです。

仮想通貨の先駆者的存在で取引量と認知度もダントツでNo1です。初めてブロックチェーンという技術を確立した仮想通貨と言われています!

 

  • もう一つはアルトコインと呼ばれるものです。

アルトというのは「代替え」といった意味を持っており、ビットコインの代わりのコインのことアルトコインと呼びます。ただビットコインにはない特性を持っていたりするコインもあり将来性が高いコインが存在しています。

 

 

代表的な仮想通貨(暗号資産)

ではさくっと代表的な仮想通貨(暗号資産)を紹介しますね!

 

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ドージコイン(DOGE)

 

実際にはもっとありますが、私が個人的に選んだ代表例です。例えばリップルなどは送金スピードが速いアルトコインと認識されていたり、ドージコインはイーロンマスがTwitterなどで発言され注目されて沸騰したアルトコインです。

 

下記のサイトを見れば時価総額順にみることが可能です。

https://coinmarketcap.com/ja/

 

 

仮想通貨の購入はこちらから

おすすめ仮想通貨取引所
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
コインチェック
 

なんでそんなに価値が上がるの?

これには色々とあると思うのですが、初心者の皆さんにわかりやすく言えばコレです。

 

注意ポイント

仮想通貨(暗号資産)の未来に多くの人が注目し始めているから

 

長期目線での理由

  • ビットコインは発行上限枚数(2100万枚)が決まっている
  • 世界のどこでも利用できる通貨になる可能性がある
  • 仮想通貨の未来を明るいと思う人が増えている
  • 今後起こりうるメタバースなどとの相性も非常に良い

 

 

短期的な目線での理由

  • 仮想通貨を使える場面が増えて来ている
  • 投資家や資産家がインフレヘッジで購入を始めている
  • 上記に関連するがようはお金持ちが価値を認めてきている
  • 大企業などもBTCを購入し始めている
  • エルサルバドルで国としての基軸通貨となった

 

要は、将来的なネット系の環境とかシステムとかと非常に相性が良いので、仮想通貨(暗号資産)ってこれから価値が上がるんじゃないかと思い始めた、お金持ちが購入を始め、仮想通貨を取引できる環境(取引所など)が次々にでき、どんどんこの先の見通しが良くなってきているので、個人の投資家や一般の人達も購入し始めているから価格が上がっているというイメージをしてもらえればなと思う!

 

なんで良い未来が待っていると言えるの?

ここまで読んでくれた方は、なんとなくわかってきたかもしれないですが、でもなんとなく良いのは分かったけど、どしてそこまで良くなると自信を思っているの???と思ったでしょう。
分かりやすい例えをしますね!皆さんが、まだ経済が発展していない途上国の人だと思ってみて下さい。

 

・お金を刷る必要がない

本来であればお金を刷ったり作ったりしないといけませんよね、それだけでもお金がかかります。仮想通貨はデータなのでお金を刷る必要もないのです。

 

・海外送金が早い&手数料が安い

途上国の人は出稼ぎに行ったりしますよね!出稼ぎ先でお給料もらって、自分の国の親族に送金しなければいけないと思うんですけど、海外送金はその時にものすごい手数料かかります。そして送金も何日もかかります。出稼ぎ先の国で安い給料で働いて、そのお金を送る際も手数料が大きくかかるでも仮想通貨であればその手数料も安いですし早期も一瞬で行うことができます。

 

・インフラを整備する必要がない

お金に関するインフラが必要ない、ATMやレジお金のやり取りの記録などそういうインフラを整備する必要がなくコストがかからない、これはとんでもないコストを抑えることが出来ます。銀行のような機能も仮想通貨は人を使わず構築することができるので発展途上国などにはメリット面が非常にある。

 

こう考えると、仮想通貨(暗号資産)ってこれからどんどん、利用されていくと思いませんか?途上国だけでなく先進国でもネット環境の進化とともに、仮想通貨と相性のいい物がこれからどんどん出てきて、仮想通貨を利用する機会が増えるのは簡単に想像できる位です。

 

 

仮想通貨(暗号資産)のリスク

 

リスク

  • 仮想通貨の規制
  • ボラティリティの高さ(価格変動リスク)
  • セキュリティ面

 

ここまでの話を聞くと良いことばかりじゃんと思うと思います。私自身、仮想通貨(暗号資産)の未来は非常に可能性が良いものだと思ってます。

 

仮想通貨の規制

実体はなくあくまでデータになりますので、今後の仮想通貨は各国がどこまで規制をするかだと思っています。ですので、リスクとして一番考えなければいけないのは仮想通貨がどこまで規制されるかというところです。実際に中国やロシアは全面的な禁止になりつつあります。全面的な禁止になってしまうと使えるところが無くなりますので、価値としてはゼロ円になってしまう恐れがあるので、ここが最も重要な考えうるリスクかなと今のところ思っています。

 

ボラティリティの高さ(価格変動リスク)

仮想通貨は現時点で明確な価値(○○円くらいみたいな)というのが決まっていないです。その為、非常に価格が不安定です。ですので仮想通貨自体の価格の変動幅が非常に大きいです。2ヶ月ほどで半分ほどの金額になったりなどの動きを見せるので、変動リスクのの高い投資商品と言えるでしょう。

 

セキュリティ面

最後はセキュリティ面です。これは仮想通貨の取引所などがハッキングされることによって保持している仮想通貨が盗まれてしまうなどのリスクです。仮想通貨自体に問題はないのですが取引所は常にオンライン上にあるのでセキュリティリスクがあることを認識したほうがいいと思います。

 

 

仮想通貨で儲けるには

ここまで読んでくれてありがとうございます。仮想通貨のことが少しでも理解した人は分かるかもしれませんが、長期的な目線で見れば仮想通貨の未来は非常に明るいということはご理解いただけると思います!つまり短期的な目線ではなく長期的な目線でトレードするべきだというのが仮想通貨の投資方法としては最も適してると思います。

 

余裕資金を使って投資して長期でホールドするのか一番勝率の高い投資方法だと考えられるし自分もそうしています。ただ注意点は、リスクで挙げたように各国で規制が激しくなるような場合はしっかりと判断しないといけないということです。重要なのは余裕資金で長期目線で投資する。余裕資金であれば価格変動のボラティリティにメンタルを左右されず所持することができると思いますので余裕資金で行いましょう。

 

 

仮想通貨の購入はこちらから

おすすめ仮想通貨取引所
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

コインチェック

-仮想通貨

© 2022 サラリーマン投資家のKOUブログ