FX基礎 FX情報

FXのNDD方式とNDD方式(STP・ECN)とは?という初心者にわかりやすく解説

  1. HOME >
  2. FX基礎 >

FXのNDD方式とNDD方式(STP・ECN)とは?という初心者にわかりやすく解説

NDD方式とDD方式の違い

FXのNDD方式とDD方式

海外、国内問わずFXの業者選びや口座開設を考えていると、『NDD方式』『DD方式』『ECN方式』『STP方式』DD方式」と色々出てきて何だこりゃ?と初心者のころはなったと思います。誰しもが必ずこのワードに行きつき考えるでしょう、ただその意味をしっかり理解している人があまりいなのではと思います。この記事では、FXの口座選びにおいて欠かすことのできない「取引方式」について詳しく解説していきたいと思います!

FXにおけるNDD方式とDD方式の違いとは

※まずは下記の図をよく見た上で説明を読んで下さい。

DD方式とNDD方式イメージ画像

 

DD方式とはディーラー(FX会社)が介在する相対取引方法

DD方式とは「ディーリングデスク方式」の略で、個人投資家とカバー先銀行の間にFX業者のディーラー(ディーリングデスク)が介在する取引形態になります。相対取引(あいたいとりひき)やOTC取引とも呼ばれます。

DD方式の場合、我々個人投資家が出した注文がインターバンク(市場)へ直接流れているわけではなく、あくまでも個人投資家対FX業者の取引となります。FX業者は個人投資家向けとインターバンク向けで全く異なる取引を行っている可能性があるのです。

相対取引特有の問題点は、個人投資家とFX業者側の利益が相反する形になるという事です。例えば、個人投資家が買い注文を出したとするとFX業者はそれを売り注文で受けることになるため、レートが上がれば個人投資家は儲かりますが、FX業者側は損をすることになります。逆にレートが下がればトレーダーは損する一方で業者側は儲かります。

ちょっと難しかもなので、わかりやすくシンプルに言うと

ポイント

DD方式のFX業者
我々個人投資家の損=FX業者側の利益

我々、個人投資家の損がFX業者の利益になるので相反となるんです!

その為、DD方式の業者では下記のようなことが起こっているというのは周知の事実になります。

  • 負けそうな個人投資家の注文をインターバンクに通さず懐へ入れる「呑み行為」
  • レートを動かして個人投資家の溜まった損切りを消化させる「ストップ刈り」
  • 業者にとって不利な注文を通さない「約定拒否」

ただ、その反面でDD方式の業者はNDD方式の業者よりもかなり狭いスプレッドで提供が去れています。何もわかならい素人や初心者はスプレッドの狭さだけを魅力と感じDD方式の業者は一定の人気を集めていますが、FX業者側はその低スプレッドを維持するために公平性に欠けるような取引を行いがちになっているという事かもしれません。

DD方式のFX業者では個人投資家の損=自社の利益となるため、勝ちすぎる個人投資家は頭の痛い問題です。そのため、下記のような取件条件が設けられていたりし、その条件に引っかかると口座凍結などをされる場合もあります。

  • 細かな値幅を何度も獲りに行くスキャルピングの禁止
  • 自動売買の禁止

 

NDD方式とはディーラー(FX会社)が介在しない取引方法

NDD方式は「ノンディーリングデスク方式」の略で、個人投資家とカバー先銀行の間に業者は介在するもののディーラー(FX会社)の裁量が全く入ることのない、完全自動の取引形態のことを言います。

私的にはこちらの方がかなりクリーンな取引になるので好んで選択しています!

個人投資家からの注文はすべてシステムによって裁かれるため、DD方式みたく不利なレート操作や呑みは起こりえず、クリーンな環境で取引できます。(NDDと一口に言ってもその種類はさらに2つに分かれ、『STP方式』と『ECN方式』があります)

NDD方式の『STP方式』と『ECN方式』について

STP方式とはFX業者のスプレッドが上乗せされた自動取引

海外FX業者の一番多い方式です。

STP(Straight Through Processing)方式は、一旦FX業者のサーバーが介在する仕組みで、FX業者は提携銀行や金融機関から個人投資家にとって有利な条件のレートを引き出して提供する形になります。FX業者の利益分が含まれた少し広めのスプレッドになりますが、取引手数料が掛からずに取引が可能な方式です。

ECN方式とはインターバンク直結の極小スプレッド+手数料で取引する方式

ECN(Electronic Communications Network)方式は、ブローカーや銀行やリクイディティプロバイダーなどが参加する取引システムへ直結する取引方式FX業者やブローカーが価格を操作することは不可能になっており、現在存在する取引方式で最も透明性の高い取引方法となります。

私は複数の口座を使っていますが、ECN方式も使っており最もオススメする方式です!

メリット的には下記です。

  • マーケット直結のため約定スピードが速いく約定も瞬時
  • スプレッドが海外口座の中でも狭い
  • 手数料が発生するがトータルの取引コストはSTPより安い

【結論】おすすめ方式は結局どちら?NDD or DD

おすすめは透明性の高いNDD方式

海外FX業者のほとんどが、FX業者が介在しないNDD方式を採用している。なので個人投資家が勝とうが負けようがどちらの状況においても、FX業者側は儲かる仕組みとなっています。国内の多くの業者が取り入れている、DD方式の業者よりもスプレッドが広いのは、あらかじめFX業者の取り分が取られている証拠であり、個人投資家の取引回数が多ければ多いほど(勝敗関係なし)でFX業者が儲かる仕組みとなっています。

NDD業者の中でさらに透明性が高いのは『ECN方式』なります。NDDの括りである『STP方式』も十分な透明性ですが、マーケットに直結するECN方式はそれ以上に透明性が高いですし、マーケット直結のため約定も瞬時です。

『ECN方式』を選択した場合、スプレッド+FX業者指定の取引手数料がかかりますが、スプレッドの方がかなり狭くなるので、スプレッドと取引手数料を合わせた俗に言う【実質スプレッド】は『STP方式』よりも狭くなり、トータルコストを比べても『ECN方式』が有利です。スキャルピングやデイトレード希望の方はECN口座を開設しましょう。

NDDの業者にとっては、取引回数が多くなるスキャルピングやデイトレードは儲けが多くなりますので、NDDの業者なら凍結されることなくスキャルピングやデイトレードを行うことが出来ます!

DD方式は初心者などにはおすすめしない

国内のFX業者が多く採用しているDD方式のメリットは何と言ってもスプレッドの狭さ(YJFXやDMMFXやGMOクリックなどのDD方式が殆どの日本国内のFX業者は1pips以下の低いスプレッドが多いUSDJPYなどは0.1pipsなどもある)と税金部分(海外FX業者は最大45%の累進課税、国内FXは約20%の分離課税)になり魅力的ではあるが、なぜか国内FX業者は業者ごとの独自プラットフォームでの取引を個人投資家に強要するため、システムの中身は完全に業者側のブラックボックスになっており、透明性という部分では皆無と言っていいでしょう。

※下記の記事も参考にしてください。

ゼロカットイメージ画像
海外FX業者と国内FX業者どちらがおすすめか初心者目線で詳しく解説してみた

続きを見る

DD取引を支えているは選りすぐりの業者側のディーラーやシステム。世間の間で出ている悪い言葉をそのまま伝えると、時として注文を呑んだり不正なレートを提示したり、FX業者の利益最優先行っていると言われることもあります。(※そこまで露骨でもないとは思いますが)相反取引になるので、やはりスキャルピングを行う個人投資家には非常に厳しいです。なぜなら瞬間的に利益を抜かれてしまうと、業者側は何もできませんのでその為スキャルピングや短時間のデイトレードを行う個人投資家にはとりわけ厳しいです。

実際、国内業者で勝ちまくるスキャルピングをする個人投資家は大体『口座凍結』を食らっています。なので、確かに国内業者のほとんどが採用するDD方式は、税金の面などで非常に魅力的ではありますが、始めたばかりの初心者やこれからFX始めようと考えている人などにはあまりおすすめしません(上記のリンクの私の記事も参考にしてください)おすすめするとすれば、FXでそこそこ勝てるようになった中級者や上級者の方達だと思います。

まとめ

NDD方式とDD方式どっちがおすすめ

結論は一択です。国内業者の多くが取り入れているDD方式にもメリットはもちろんあるのですが、なにより金融取引の中では透明性が非常に重要です。透明性の高いNDD方式を採用している業者で口座を登録して取引を行っていく方がトータルメリットは高いです。もちろんこれはFXを始めようとしている人やまだ初心者の人に対してのおすすめになるので、中級者以上の方はご自身で判断下さい!

Twitterもやっていますのでよかったらフォローお願いします!たまにINした際などは先出でツィートしてます!

Twitterアカウント

KOU@サラリーマンFXサバイバー
https://twitter.com/maxkorosuke

ゼロカットイメージ画像
海外FX業者と国内FX業者どちらがおすすめか初心者目線で詳しく解説してみた

続きを見る

-FX基礎, FX情報

© 2021 俺と投資と副業