FX情報

キャッシュバックサイトTariTali(タリタリ)とは?キャッシュバック率などサービスについて解説!

  1. HOME >
  2. FX情報 >

キャッシュバックサイトTariTali(タリタリ)とは?キャッシュバック率などサービスについて解説!

taritali(タリタリ)とは

キャッシュバックサイトのTariTali(タリタリ)とは?

taritali(タリタリ)とは

Taritali(タリタリ)会社概要

会社名 TariTali Pte,Ltd
設立 2012/10
資本金 500,000MYR(日本円で1300万くらい)
代表者 Takahiro Suzuki
所在地 No.1-3,Jalan Solaris 2,Solaris Mont Kiara,KualLumpur,Malaysia,50480

taritaliは本社を、マレーシアのクアランプールにおいている企業になります。代表者は、日本人のようです。他のキャッシュバックサイト運営会社は企業情報を公開していないところもあるので情報を提示しているだけでも非常に信頼度は高いです。

キャッシュバックの仕組み

Taritali(タリタリ)とは、簡単に言うとFXで取引した分キャッシュバックがもらえるサービスだと思って頂ければわかりやすいと思ます。FXトレーダーであれば初心者であっても中級者であってもトレードはすると思うのですが、いつも通り取引しているだけでキャッシュバックがもらえてしまうんです!

どういうこと??と思った方に説明しますが、海外FX業者には、IB(Introducing Broker)という日本で言うアフィリエイトサービスがあります。IBとは、自身のブログやSNSなどで、他の人に海外FXの口座開設を勧め、その相手が実際に口座開設をして取引してくれたら取引量に応じて報酬がもらえるという物です。なのでただのアフィリエイトという事ですね!

そこそこアフィリエイトの知識がある方や勘の良い方であれば、自分が勧めた海外FX業者の広告を使って、自分自身で登録すれば自分自身のトレードした分も返ってきて儲かるじゃんと!ですが、IBにおいて自分自身を紹介することはNGとなっています。

そこで今回ご紹介するTaritali(タリタリ)は、海外FX業者のIB報酬から一部のわずかな手数料をTaritali(タリタリ)がもらい、残りのIB報酬はTaritali(タリタリ)がサービス利用者に還元するという仕組みです。つまりtaritali(タリタリ)経由で口座開設して取引をすれば、taritali(タリタリ)からキャッシュバックつまりお金をもらえるのです。

普通にトレードしていて忘れたころに入金があって、こんなに帰ってくるの!!という感じだ。

 

タリタリのメリット・デメリット

メリット

まずはメリットからだが、ここはシンプルです。

  • キャッシュバックが金額上限なしでもらい続けられる
  • 登録して開設するだけなので1回設定すれば完了
  • 安全性が比較的高い(今のところ全く問題は起きていない)

タリタリのキャッシュバックには、金額の上限が設けられていません。なのでトレード行えば行うほど、キャッシュバックの額も増えていき、トレードする限り無限にキャッシュバックがもらえるということです。あと、非常に設定が簡単です。1度設定したら後はすることがありません。あとはキャッシュバックがある程度たまったら自分で出金処理を行うか、決められた日に出金が自動でされるかの設定をしておくかのどちらかだけです。

先程も記載しましたが、キャッシュバックサイトは情報を提示していないところもあります。Taritaliは企業情報なども提示されておりまじめに事業として取り組まれている感があります。私自身も使っていますが、一度もトラブルはありません。

デメリット

デメリットいくつか明確なものがあります。

  • 入金ボーナスが獲得できない
  • キャッシュバックされた金額には税金が発生する
  • いくつか対応していない海外FX業者がある

代表的なデメリットは、入金ボーナスがもらえないという点です

海外FX口座を、Taritali経由で口座開設すると、ほとんどの場合XMやGEMなどの入金ボーナスをもらうことが出来ません。(まあキャッシュバックを永遠ともらえるので、しょーがないと言えばしょーがないんですがw)ですが、今後トレードを続けていくという事であれば、入金ボーナスをもらうよりも、Taritaliで取引した分のキャッシュバックを受け取る方が絶対に多くなると思います。

まあこの辺は人それぞれの判断なので本当の初心者には入金ボーナスの方がよかったりする場合もあると思うので、自身で判断して下さい!

これはめちゃくちゃ痛いところなのですが、キャッシュバックとはいっても、アフィリエイト収入みたいに雑所得という形になるので、税金が発生してしまいます。つまり確定申告が必要になります。具体的には、年間で20万円以上の利益がボーダーラインとなっています。それなりの取引量が必要な金額ではありますが、注意して下さい。

そして、いくつかの海外FX業者にタリタリは対応していないことがあります。私が記事にしたことがある業者で言えば、IS6FXです。IS6FXはTaritaliに対応していません。基本的にメジャーな海外FX業者には対応しているので安心ではありますが、開設する際にはこの部分を気を付けて下さい。

 

Taritali(タリタリ)のキャッシュバック率

Taritari(タリタリ)のキャッシュバック率とキャッシュバック発生条件は、各海外FX事業者で違います。なるべくわかりやすいように一覧にしてみましたので参考にしてみて下さい。

・10万通貨でのキャッシュバック率となります。
・スタンダード口座をベースにした情報になります。
・細かな詳細はTaritali公式でご確認ください。

※情報の内容に関しては保証するものではありません。詳細&正確な情報は下記のTaritali公式サイトからご自身で確認下さい。

taritali(タリタリ)

業者名 キャッシュバック金額 発生条件など
XMTrading 8.5USD 5分以上のポジション保有
GEMFOREX 8.0USD 5分以上のポジション保有
AXIORY 4.25USD 特になし
TitanFX 4.675USD 特になし
HotForex 7.2USD 1分以内の決済&2pips以下の取引CB率が50%
Exness スプレッドの38% 特になし
FxPro 4.25USD 特になし
MyFXMarkets 5.1USD 特になし
TTCM(TradersTrust) 4.0USD クレジットボーナスを消費した取引は対象外
Tradeview 2.125USD 特になし
LANDFX 4.5USD 特になし
FXGT 8.8USD 特になし
FBS 8.0USD 特になし
Bitterz 報酬の80% 特になし
IS6FX 8.0USD 特になし

 

 

-FX情報

© 2021 俺と投資と副業